技術情報
  
スイングドア有効開口

スイングドア有効開口

 スイングドアは上下のヒンジの軸位置がずらしてあり,開時にドアが斜め方向にせり上がりますので,高さ位置によって有効開口寸法が変化します。

       

 またオプションのスプリングバンパーの有無によって有効開口寸法は大きく異なります。拡大図の計算式をご参照ください。

拡大図    T型ヒンジ
スイングドアせり上がり

スイングドアせり上がり

 標準タイプのスイングドアはオフセット型ヒンジを採用しており, ドア開時にドアがせり上がるのを特徴としております。

        

 そのためシャッターや防火扉と併設する場合には,シャッターボックスや防火扉枠と干渉しないか確認が必要です。拡大図の計算式をご参照ください。

拡大図
  
カチオン塗装

カチオン電着塗装について

  • カチオン電着塗装とは,低濃度で水溶性の電着塗料(陽極+)中に、被塗物(Feなど)を浸漬させ陰極(-)として直流電流をかける電着塗装の一種で、電極付近では塗料が化学反応を起こし不溶性の樹脂(ポリマー)となり複雑な形状であっても全面にピンホールなく均一で密着性の良い厚い塗膜を形成します。
  •           
  • ユニクロメッキ(従来品)は鉄の代りに亜鉛が腐蝕して鉄錆びを防止するのに対し,カチオン電着塗装は塗膜を成形して鉄素地の錆びを防止します。
  •              
  • カチオン電着塗装の塗膜は防錆機能に優れ、960時間の塩水噴霧試験にも合格し、エポキシ樹脂系塗料で表面がコーティングされるので耐蝕性にも優れています。
  •           
  • カチオン電着塗装はその優れた性能ゆえに,自動車のボディーやシャフトその他の部品,家電製品の固定金具やブラケット,建材品の補強金物などに広く採用されています。
  • 弊社ヒンジのカチオン電着塗装色は上写真右に示す通り黒色となります。
  •           
  • カチオン電着塗装に変更される商品は,スイングドアの「ドア側上部ヒンジ」の内,SCP,SCG,AL,VP,ハセップタイプの各シリーズの標準サイズとなります。(FCG,LWPの各シリーズ及び全てのシリーズの重量ヒンジは除きます。)
  •           
  • カチオン電着塗装済ヒンジの塗膜性能に関しては下部ボタン「塗膜性能」から詳細をご確認ください。
塗膜性能